【熊切にっき】メール作成~宛先と情報管理~

こんにちは!

熊切です。

全社的に年末に差し掛かりブログがかけてなくてすみません。

 

さて、今回は前回に引き続きメールです。

今回は書き方というよりも情報管理の側面が強いかもしれません。

【送信前確認をしよう】

ビジネスにおいてメールはとても便利で

文書や資料を添付したり、いろんな情報を簡単に送ることができます。

ここで重要なのが【簡単に】送れちゃうことです。

 

簡単すぎて逆に宛先間違いなどが起きるのです。

メールでは個人情報や社内資料など重要な情報をやり取りすることがあります。

もちろん暗号化や鍵かけを行いますが、情報漏洩の原因となります。

 

事実、実は漏洩の一番の原因は誤操作という統計があります。

もちろん誤操作には送信間違いも含まれると考えられます。

 

ハッキングや、コンピューターウイルスによる漏洩よりも、ヒューマンエラーによる漏洩が多数を占めるのです。

 

ニュースではよくウイルスでの情報漏洩を挙げていますが比率的には違うんですね。

人為的なミスは人の手で防がないといけないのです。

 

個人的にミスしやすいのが宛先間違い。

 

最近のメーラーは便利なもので送ろうとする相手が過去にやり取りした相手であれば

自動的に宛先に入れてくれます。

 

しかし、意図しない宛先を選択してしまうこともあるため、確認せずにメールを送信すると送ってはいけない人に重要な情報が送られてしまう…

なんてことが起きてしまうのです。

 

送信前に前回までのメール作成の注意点と合わせて、

宛先は合っているか。余計な送り先はないか。

 

個人情報や機密情報を送るときはパスワードやアクセス制限対策はされているか。

 

【送信前確認】をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
総務部リーダー 熊切秀人

総務部リーダー 熊切秀人

総務部

1990年生まれ

高校で中国で留学し、語学勉強をしつつグローバルな考え方を養う。
語学力を活かした職に就くことを考えていたが、大学で学んだ企業法から法律に目覚める。

大学卒業後は大学院に進学し、知的財産分野の研究し、修士号を取得する。

中小企業での知財活用の重要さを考え株式会社Preludeへ入社。

同社にて営業職を経たのち、現在は総務部にて社内処理、スタッフサポートをしつつ
コンプライアンス管理や自社キャラクター「真心かなで」の権利管理等を担当。

普段はただのオタク。

画像と本人とでは見た目が違う可能性があります。

こんな記事も書いています

RELATED