【熊切にっき】メール作成~簡潔的に!~

こんにちはっ!

熊切です。

 

少しずつ涼しくなってきましたね。世の中では衣替えの時期でクールビズが終わり

当社でも現場や業務に応じてジャケット、ネクタイの着用が始まりました。

 

寒くなってくるから自然とジャケットは着るんですけどね。

寒暖差が激しいので体調管理に気を使わないといけませんね。(最近崩しがちなので気を付けます…(;^ω^))

 

さて今回は前々回に取り上げた。メールについてです。

少し実践的にいこかと思います。

 

☆今回はメールするうえで意識すること☆

(私が意識していること)

 

これはメールのマナー本にも出てくることですが、

メールは簡潔さが肝心です。

 

ビジネスの場ではメールが多数交わされます。

限られた時間で多数のメールをするので、複雑なやり取りはしたくないですよね…。

 

ということは相手も思っています。

 

簡潔的でわかりやすいことが重要です。

例えば私の場合、1日に数十件のメールを受信したりしますが、

開封の時点から件名で重要度、緊急度を判断するのでわかりやすい件名は嬉しいです。

 

ダメな例

・件名が長い:ほとんどのメーラーで表示される面名の文字数はそんなに多くありません。文字数が多いとその分わかりにくくなります。

・件名に要件が複数書いてある。:重要度、緊急度がつけにくい…(-_-;)

・件名が名前:で、何の要件なの?

・件名がない:これは…論外かなぁ。プライベートならやりますけどね。

など

 

続いて本文

件名の注意被るので、ざっくりと

コンパクトかつ簡潔的に書いてあると好ましいと思います。

 

びっしりと長文で書いてくれる方もいますが(熱意はいいこと)

読むのはしんどいので避けたいですね。

 

・宛名、差出人、署名がない。

無くても読めないわけではありませんが、一般マナーとして印象は下がりますね。

 

自分がもらって気分が悪くならないメールを心掛けましょう。

内容はも重要ですが、見栄えは最初の一歩!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
総務部リーダー 熊切秀人

総務部リーダー 熊切秀人

総務部

1990年生まれ

高校で中国で留学し、語学勉強をしつつグローバルな考え方を養う。
語学力を活かした職に就くことを考えていたが、大学で学んだ企業法から法律に目覚める。

大学卒業後は大学院に進学し、知的財産分野の研究し、修士号を取得する。

中小企業での知財活用の重要さを考え株式会社Preludeへ入社。

同社にて営業職を経たのち、現在は総務部にて社内処理、スタッフサポートをしつつ
コンプライアンス管理や自社キャラクター「真心かなで」の権利管理等を担当。

普段はただのオタク。

画像と本人とでは見た目が違う可能性があります。

こんな記事も書いています

RELATED