【社長日記】え、ちょっと待った。真の雨男、ワシやけど?

こんにちは

 

偏差値70.7の私が来ました。

このブログは来年かな、と思っていましたが

なんと、前振りがあったおかげで

晴れ間を見ました。

 

 

その前振りとは

https://prelude.tokyo.jp/media/archives/907

いやいや、泰己君、待てと。

セイだと。

 

言っておくけど、雨男、わしだから。

偏差値70.7だから。

 

以下、本文

梅雨

あぁ、雨か。

憂鬱だな。

 

と思う人は多いと思います。

そんな方に朗報です。

降雨日ランキング

http://grading.jpn.org/SRB02303.html

ですよね。

 

 

何を隠そう、私、新潟出身ですから。

 

めちゃめちゃ雨多いからね、新潟。

新潟に「快晴」はない

もう少し厳密に言えば、新潟県新潟市西区には、「快晴」がありません。

 

関東で言うところの、晴れ、、、いや曇りだな。というのが、新潟県新潟市西区では「めっちゃ晴れてる」ということになります。

どういうことかと言うと、日本海で発生する雲が年中空にかかっているので、青空は見えません。

さらに、空をとても低く感じることができます

 

 

関東に出た時の空の青さ、高さに、西区民は感動するでしょう。

 

年間170日間雨が降る、ということは2日に1回は雨だ、ということです。

朝起きて外を見た瞬間に「うわー、雨だ」となっていたら、1年の半分を「無条件に憂鬱」で過ごさなくてはいけなくなります。

 

そんな勿体ないことはないと。

 

なんで外的環境に、無条件で、しかも1年の半分を、憂鬱にされるのかと。

 

そう思ってから、無条件に雨を好きになりました。

 

 

この辺にポジティブの片鱗が見え隠れしていますね。

まぁ、そう思うようになったのは関東に出てきてからなので、ポジティブなのは生まれつきということになります。

 

格付けEだけど

ありがとうございます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役

1988年1月7日生まれ 新潟県出身

9歳から1年間父親の仕事でアメリカへ、現地の小学校に放り込まれ英語を習得。

大学受験で2浪するも合格できないことが肌でわかり、逃げるように12月末、友人に誘われ岐阜県、下呂温泉で仲居さんへ。

たくさんの経営者に応援してもらい、お客様に良いものを広げたい、と独立を決意。
メンタルを鍛えるために営業会社に入社、最年少で営業部長へ昇格。
3カ月の海外放浪を経て26歳で独立。

30歳になった現在、会社は5期目に入り社員一丸となって挑戦を続けている。

こんな記事も書いています

RELATED