【社長日記】親友がくれる時間

こんにちは

 

猛暑が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

最近新しい親友ができました。

かつての親友とは、20年連れ添った正露丸です。

親友と呼ぶにふさわしいくらいお世話になりました。

 

もともとおなかの弱かった私にとって、つらい腹痛を助けてくれる正露丸は、かけがえのない「親友」でした。

どこに出かけるにも持ち歩いていました。

 

 

一般的に正露丸は、飲んだ後の影響が大きく、口や手から、周囲にその匂いを拡散します。

 

その独特な匂いから、通常我が家では二重のジップロックに格納されています。

 

 

 

ところが新しい親友である、ミヤBMはお医者さんが処方してくれる整腸剤なのですが、無臭で効果抜群です。

 

時間の大切さ

おなかが弱いと、トイレにこもる時間が増えます。

トイレ、あえて個室と呼びますが、昔は個室でよく考え事をしたり、ドアの木目を見たり、有意義に過ごしていました。

 

 

今は、必ずスマホを持ち込みます。

何をするでもなくニュースを見たり、ゲームをしたり、無駄に過ごしています。

 

日ごろから時間を大切に、と心がけているのですが、今後は「腹痛の時間=親友がくれる大切な時間」と捉え、有意義に木目を読みたいと思います。

 

いつもありがとうございます

 

 

おしまい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役

1988年1月7日生まれ 新潟県出身

9歳から1年間父親の仕事でアメリカへ、現地の小学校に放り込まれ英語を習得。

大学受験で2浪するも合格できないことが肌でわかり、逃げるように12月末、友人に誘われ岐阜県、下呂温泉で仲居さんへ。

たくさんの経営者に応援してもらい、お客様に良いものを広げたい、と独立を決意。
メンタルを鍛えるために営業会社に入社、最年少で営業部長へ昇格。
3カ月の海外放浪を経て26歳で独立。

30歳になった現在、会社は5期目に入り社員一丸となって挑戦を続けている。

こんな記事も書いています

RELATED