【社長日記】令和の一発変換はいつからだろう。

5Gがいよいよ世界では始まり、数年で技術の進歩が劇的に進みます。

水面下で行われてきた攻防がいよいよ佳境に入る中、私たちは時代に負けないよう成長できているのでしょうか。

 

先日アップルとクアルコム(半導体世界一位)が訴訟問題を取り下げ、和解しました。

開発が遅れていたiphoneの5Gも、具体的になっていくことと思います。

これを受けて米インテルが、5G対応スマホの半導体分野からの撤退を表明しました。

「収益化の明確な道筋がない」からとのことです。

素人にはわかりませんが、インテルが即断で撤退するのだから、新規参入はよほど難しい分野なのだと思います。

 

「選択と集中」はやることを決めると同時に「やらないことを決める」ことでもあります。

インテルが撤退したように、各企業には戦略があります。

大きな企業が戦略に沿って実行していることを、私達が肌で感じることができるのは、5~10年くらいのタイムラグがあるように感じます。

今までは、緩やかに変化する時代に、ついてきた人たちも、5Gになれば1,2年で社会が変わってしまい、ついてこられない人たちが増えていきます。

 

私達が支援している通信業界の営業においても、ここ数年でサービス、金額、環境など一気に変革が起こります。

もちろんIoT(モノがインターネットにつながり、相互に制御する仕組み全般の概念)の分野でも、新しいサービスがどんどん生まれてきます。

良いサービスであっても、高齢化していく日本では、その浸透には時間がかかります。

 

営業の担い手である私たちが、変化する時代の橋渡しをできる、ということはとても楽しいことだと思います。

もちろん目標や数字を追うことは必要ですが、そこを目的にするよりも、お客さんが便利になる、喜んでもらえる提案がいつもできると、営業はもっと楽しくなります。

そのためにも日々の情報収集は大切にしていきたいです。

 

私達も、「やらないことを決め」、より良いサービスを「選択」し、「まごころと情熱をもってお客様の生活を豊かにする」ために、平成に引き続き、今まで以上に頑張っていきましょう。

 

いつもありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役

1988年1月7日生まれ 新潟県出身

9歳から1年間父親の仕事でアメリカへ、現地の小学校に放り込まれ英語を習得。

大学受験で2浪するも合格できないことが肌でわかり、逃げるように12月末、友人に誘われ岐阜県、下呂温泉で仲居さんへ。

たくさんの経営者に応援してもらい、お客様に良いものを広げたい、と独立を決意。
メンタルを鍛えるために営業会社に入社、最年少で営業部長へ昇格。
3カ月の海外放浪を経て26歳で独立。

30歳になった現在、会社は5期目に入り社員一丸となって挑戦を続けている。

こんな記事も書いています

RELATED