【社長日記】まつりじゃあ!

株式会社Preludeでは地域貢献プロジェクトをを進めております。

 

新宿で働くこと8年、思えばなにひとつ地域貢献をしてきていません。

もちろん納税や間接的な貢献はしていますが、会社として地に足をつけていくにはやはり地域貢献だ!

 

 

 

ということで

 

 

 

御神輿かついできました!!!

子供みこしの先導もしました!

 

休憩の度に子供神輿(みこし)を担ぐ子供が減っていき、大人に負担がかかっていきます!

今年は例年に比べて、子供が頑張ってくれたそうです。

 

次はいよいよ大人の御神輿です。

お神酒をいただき、近くのお寺まで歩きます。

今年は4年に1度の「本神輿」だそうで、6つの町会が順番で神輿を担いでいきます。

人数も膨れ上がりいよいよ本番!!

研修中の新入社員を連れ出し、交代しながらかつぎました!!

 

エッサホイサと掛け声をかけながら、上下に揺らしてゆっくり前に進んでいきます。

担ぎ棒に肩の上に抱きかかえるように腕を棒に回し、肩に密着させ自分も御神輿と同じく上下に揺らします。

慣れるまでは、肩から担ぎ棒が離れてしまうと毎回担ぎ棒(巨木)が肩にぶつかってきます。

これが非常に痛い!!

 

痛いけど、慣れてくると痛みも和らぎ楽しくなってきます。

 

 

熟練の担ぎ手は神輿コブというコブが肩にできており、要所要所で助けていただきました。

 

一度目の休憩で頑張った担ぎ手で記念の1枚をとってまた出発。

ん????

 

 

 

 

 

 

 

 

まさか!!??

 

 

 

 

 

 

 

さっきの休憩中、記念撮影しようと思って探したけど全然みつからなかった

 

 

 

 

 

法人営業部リーダー松田が

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御神輿かつがないんかい

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと肩やられそうなんで。へへへ

 

 

 

 

いやいや、御神輿かつぐの楽しいよ!!

一緒にやろうよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は医大通り商店会の梅橋会長が、お祭り前日に急にご挨拶に伺ったにも関わらずお祭り参加のお声掛けをいただきました。

その後、東一町会(まだ23区になる前は、地名が東大久保一丁目だったそうです。)役員方の飲みの席にもお誘いいただき、皆さまに非常によくしていただきました。

東一町会はみなさん非常に仲が良く、その後もすでに何度も地域交流に誘っていただき感謝しかありません。

あらためて、ありがとうございます。

今後も株式会社Preludeとして地域貢献の一助を担えれば幸いです。

 

いつもありがとうございます。

おしまい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役

1988年1月7日生まれ 新潟県出身

9歳から1年間父親の仕事でアメリカへ、現地の小学校に放り込まれ英語を習得。

大学受験で2浪するも合格できないことが肌でわかり、逃げるように12月末、友人に誘われ岐阜県、下呂温泉で仲居さんへ。

たくさんの経営者に応援してもらい、お客様に良いものを広げたい、と独立を決意。
メンタルを鍛えるために営業会社に入社、最年少で営業部長へ昇格。
3カ月の海外放浪を経て26歳で独立。

30歳になった現在、会社は5期目に入り社員一丸となって挑戦を続けている。

こんな記事も書いています

RELATED