【社長日記】軸があれば動じない

軸をもって構え、相手に応じて動かないこと。

社員に対してはもちろん、お客様に対しても、誰に対しても同じ気持ちで対応し続けたい。

最近大切だなと感じました。

 

2月から始動した法人営業部でも、おかげさまでお客様も増え、社外の方との関わりが増えました。

もちろん人と人とでのお仕事なので色々なケースがあり、中には非常時の対応が必要なこともあります。

自分が悪いこともあるし、相手が悪いこともある。

けど、待てよと。

本当にそうなのか。

そもそも非常時を招いた時点で、こちらが悪い、相手が悪いと分析したところで生産的ではない。

ならばもちろん反省は必要だけれど、計画、想定がよくなかったということです。

ということで自分次第!!

 

相手方が焦っているから、怒っているから、前回と言っていることが違うから、はそもそも仕事をしていれば、日常的です。

 

けれど、事あるごとにそれぞれ自分で考えて属人的に対応を変えていたら、相手から見た時の自分、会社がどういう人間、人格かわかりません。

そんなときに「常に軸をブラさず誠心誠意対応(応答)をし続けること、しようとし続けること」が会社を強くしていきます。

 

とはいえ、色々な感情が入ってしまうのが人間です。

難しいけれど、軸を持って頑張っていきたい。

 

業界的に繁忙期を迎え、花粉症にやられながらも毎日社員みんな頑張って仕事をしてくれています。

いつもありがとう。

 

 

おしまい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役

1988年1月7日生まれ 新潟県出身

9歳から1年間父親の仕事でアメリカへ、現地の小学校に放り込まれ英語を習得。

大学受験で2浪するも合格できないことが肌でわかり、逃げるように12月末、友人に誘われ岐阜県、下呂温泉で仲居さんへ。

たくさんの経営者に応援してもらい、お客様に良いものを広げたい、と独立を決意。
メンタルを鍛えるために営業会社に入社、最年少で営業部長へ昇格。
3カ月の海外放浪を経て26歳で独立。

30歳になった現在、会社は5期目に入り社員一丸となって挑戦を続けている。

こんな記事も書いています

RELATED