【社長日記】会社の意志決定

経営をしていると色々な意思決定をします。

大きなものから小さなものまで、関わる会社、人数も様々です。

 

もちろん当事者である私や関係者は決定までの道筋を知っているので「差」はありません。

けれども決定によって影響を受ける社員からしたら「思い切った」とか「前と変わった」となるケースがあります。

日々変わっていく社会の中で、経営判断に求められるスピードは速く、過程をタイムリーに公開していくことは目的ではないのでとても難しい。

 

ヒトは自分の認識や想像との「差」があると色々な感情が生まれます。

意志決定によって、大なり小なり「差」がうまれるのは当然です。

だけれども「差を感じて不安にならないこと」ももちろん大切ですが、「みんなが安心して働ける環境をつくること」の方が大切です。

そのためにも会社が成長して前に進めるように、これからも経営判断をしていきます。

 

 

なるべく各々が「差」を埋められるように、ブログや定例会を通じて決断までの道のりがわかるように、またはわからなくても安心して働けるようにしたいと思っています。

 

そんな中で大事にしていることは

日々話していることとやっていることが一致していること。

経営方針からブレていないこと。

正しくあろうとすること。

 

これからも全社一丸となって進んでいきましょう。

 

※ボルダリング行ってきました。

頑張りすぎて腕を負傷しました、ご迷惑おかけしました。

 

おしまい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役

1988年1月7日生まれ 新潟県出身

9歳から1年間父親の仕事でアメリカへ、現地の小学校に放り込まれ英語を習得。

大学受験で2浪するも合格できないことが肌でわかり、逃げるように12月末、友人に誘われ岐阜県、下呂温泉で仲居さんへ。

たくさんの経営者に応援してもらい、お客様に良いものを広げたい、と独立を決意。
メンタルを鍛えるために営業会社に入社、最年少で営業部長へ昇格。
3カ月の海外放浪を経て26歳で独立。

30歳になった現在、会社は5期目に入り社員一丸となって挑戦を続けている。

こんな記事も書いています

RELATED