【社長日記】天の時、地の利、人の和

 

天の時は地の利に如かず地の利は人の和に如かず

(天の時、地の利、人の和)

孟子の言葉ですが

 

中国古来の賢者たちは

天の時、地の利、人の和の3つがそろったときにはじめて行動を起こすことで

大事を成しました。

 

逆を言えば3つそろわないうちに動いても大事は成らないということです。

 

どれか1つでもあると、とても強いものです。

だけれどもやはりそれで大事は成せません。

この言葉も数年前から目にしていますが、司馬遼太郎の竜馬が行くを読んで、ようやく点と点が線で繋がりました。

 

頭でわかるのと、体でわかるのと、肚(はら)でわかるのは全く違いますね。

とにかく一生懸命準備をします。

 

大事とまでいわなくても、今自分に何の利があるのか。

相手に何の利があるのか、今まで以上に意識しようと思います。

 

IMG_0795.JPG

おしまい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役

1988年1月7日生まれ 新潟県出身

9歳から1年間父親の仕事でアメリカへ、現地の小学校に放り込まれ英語を習得。

大学受験で2浪するも合格できないことが肌でわかり、逃げるように12月末、友人に誘われ岐阜県、下呂温泉で仲居さんへ。

たくさんの経営者に応援してもらい、お客様に良いものを広げたい、と独立を決意。
メンタルを鍛えるために営業会社に入社、最年少で営業部長へ昇格。
3カ月の海外放浪を経て26歳で独立。

30歳になった現在、会社は5期目に入り社員一丸となって挑戦を続けている。

こんな記事も書いています

RELATED