【社長日記】本が持つ輝きは中二かもしれない件について

 こんにちは

 

今回は、「本が持つ輝き」です。

IMG_0056.JPG

当時、「大学は執行猶予だ」という確信をもって、受験から逃げた19歳の私は、急遽センター試験直前の12月、友人の勧めで岐阜県下呂温泉の高級旅館に勤めることにしました。

 

 

なんで旅館?

 

 

とよく聞かれますが

「会社を立ち上げるからには、日本三名泉に数えられる地で日本の文化を知りつつ、お客さんである経営者の意見を聞くことができるから」

 

 

と答えます。

 

受験から逃げる口実だったので、何でもよかった、というのが本音です。

下呂温泉が、有馬、草津と並ぶ日本三名泉のひとつ、というのは後になって知りました。

 

 

冬を越し、仕事に慣れてくると、だんだん時間ができてきます。

 

特に娯楽もなく、ネット環境もなかったので、近所の本屋さんで色々な本を買いあさって読みはじめました。

参考書ではなく、好きな本を買っていい、という感覚は新鮮でした。

働く前は「目的」だった勉強ですが、「勉強する習慣」は残っていたようです。

 

 受験勉強をしなくていい=好きなことを勉強していい、と考えるとなんだか解放された気分でした。 

 本を読むことが社内に知られると、「若いのに本を読むなんて偉いな」と年配の社員さんはよく本を貸してくれました。

中でも掃除のおじいちゃんに借りた

「松下幸之助はなぜ成功したのか」(江口克彦著)に衝撃を受けました。

 

 

 

 

俺は松下幸之助のようになる。と決めました。

 

 

感化された若者、としか言えませんが、経営をしようと思ったきっかけは、そんな本の持つ、輝きからでした。

 

 

いつもありがとうございます。

 

おしまい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役

1988年1月7日生まれ 新潟県出身

9歳から1年間父親の仕事でアメリカへ、現地の小学校に放り込まれ英語を習得。

大学受験で2浪するも合格できないことが肌でわかり、逃げるように12月末、友人に誘われ岐阜県、下呂温泉で仲居さんへ。

たくさんの経営者に応援してもらい、お客様に良いものを広げたい、と独立を決意。
メンタルを鍛えるために営業会社に入社、最年少で営業部長へ昇格。
3カ月の海外放浪を経て26歳で独立。

30歳になった現在、会社は5期目に入り社員一丸となって挑戦を続けている。

こんな記事も書いています

RELATED