【社長日記】「考える」という土壌

こんにちは

 

梅雨入り前に、雨が続きます。

梅雨の代表格といえば、紫陽花(アジサイ)です。

紫陽花の花の色は、育った土壌のpH(酸性度)によって決まるそうです。

私たちが、きれいな花を咲かせるためには、どんな土壌が必要なのでしょうか。

 

 

コロナになり、考える時間が増えると、多くの反省に気づくことができます。

今回の反省は

「小細工」です。

 

 

会社で意思決定をすると、必ず疑問や反対の声が上がります。

今までは疑問や反対の声を一つ一つ大切に聞き、丁寧に回答し、納得してもらっていたように感じます。

 

少なくとも私の中では、そう感じていましたし、みんなの納得を意識していました。

 

 

丁寧に、みんなが納得するまで説明をする、ということを続けていきます。

次第に、今後も納得するまで説明があると思うようになります。

すると、経緯を考えなくなり、受動的になります。

それは、文化になります。

 

 

なぜ、気づいていても改善しなかったのか。

それは意思決定に「芯」がないことを自覚していたからです。

自分自身でもどうかなと思っていたり、自信がないと、必要以上に補足をします。

私はかなり控えめに言って、元々トップ営業マンなので、話していれば、それなりに、勝手に道筋が立てられます。

控えめに言ってトップ営業マンの私でも、(嬉しいことに)最近はよく穴をつつかれます。

ある部分を覆うために、別のところに穴が開き、また覆い、の繰り返しです。

近頃は自分でも穴を掘ります。

 

 

 

最近

「社長、もう小細工やめたほうがいいんじゃないですか?」と言われました。

 

 

 

そうです、言ってもらえたのです!!

 

これはマジレスですが、とても優しい言葉です。

そして嬉しかったです。

ありがとうございます。

 

 

もうやめます。

良いことがありません。

 

みんなの考える機会をも奪っています。

大変反省しています。

 

基本理念に沿った意思決定をしていれば、ブレは起きづらくなります。

 

 

 

自分自身が納得していない意思決定を信じるためには、意思決定をした人物を信じる必要があります。

まずは私が基本理念、行動指針の模範となります。

柔軟に意見を聞きつつ、みんなにの土壌に「考える」を追加してほしいなと思います。

 

そしてやっぱり、まごころ大切じゃん!

そろそろ自粛も厳しくなってきましたね。

みんなで乗り越えていきましょう。

いつもありがとうございます。

 

おしまい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役

1988年1月7日生まれ 新潟県出身

9歳から1年間父親の仕事でアメリカへ、現地の小学校に放り込まれ英語を習得。

大学受験で2浪するも合格できないことが肌でわかり、逃げるように12月末、友人に誘われ岐阜県、下呂温泉で仲居さんへ。

たくさんの経営者に応援してもらい、お客様に良いものを広げたい、と独立を決意。
メンタルを鍛えるために営業会社に入社、最年少で営業部長へ昇格。
3カ月の海外放浪を経て26歳で独立。

30歳になった現在、会社は5期目に入り社員一丸となって挑戦を続けている。

こんな記事も書いています

RELATED