【ヒロキのお金の小話】派遣時給、前年比で13カ月連続のプラス 

派遣社員の時給、上昇が止まらない

大手人材サービスのエン・ジャパンの調べで、

18日に発表した6月の派遣社員の募集時平均時給は、

三大都市圏(関東、東海、関西)で1583円となり、

前年同月比2.4%(37円)上昇した。

前年比で13カ月連続のプラスだ。

過去最高は5月だった。

 

給与水準を牽引したのは、IT(情報技術)系。

水準自体が高いうえ、過去最高も記録した。

ほか、事務職系需要が盤石だ。

新卒採用では、事務職の求人が減少しているが、

一方で、採用数を減らしたことによる人手不足で、

派遣社員へと需要が流れてきている。

 

同一労働同一賃金が叫ばれる中、

派遣社員の賃金も上昇することだろう。

また、全国的にも最低賃金の相場も上昇しており、

全国平均で900円が間近になり、

東京都では1,000円を超える可能性が高い。

 

ただ、福利厚生等においては、

いまだ、正社員と非正規社員の待遇格差は大きい。

給与面においても、先進諸外国と比較するば、

いまだに、日本の職業形態による格差は激しい。

 

今後、企業をはじめ政府としても、

格差社会の是正に向けて推進する必要性がある。

これで十分ではなく、これからが重要だ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED