【ヒロキのお金の小話】iDeCoの次は、『積立NISA』

個人でできる年金対策②

コツコツ、チマチマ、積立NISA

こんにちは、梅田です。

『年金2,000万円問題』の続きです。

前回は、個人で作れる年金【iDeCo】について紹介しました。

今回は、積立NISAについて綴ります。

興味があったら、是非、覗いてみてください!!

Q.そもそも、積立NISAってなに?

 

積立NISAとは、

2018年から開始した積立型の『少額投資非課税制度』です。

わかりやすく言うと、

100円から投資可能な金融商品を、

※最低購入額(金融機関によって異なる)

②毎日/毎週/毎月/定期的に購入して、

※金融機関によって購入間隔は異なる

③得た分の利益に対する税金(20.315%)が0になる制度。

どれくらい凄いのかと言うと。

 

例えば、100万円の利益が出た場合

A.通常

203,150円の税金がかかります。

つまり、取り分は796,850円。

B.積立NISA

取り分は100万円です。

 

積立NISAに入っているか否かで20万円以上も損をする結果になります。

Q.積立NISAの条件は?

 

①証券口座の開設

日本国内に居住し、満20歳以上

 

マイナンバーカードの提示

非課税の手続きに必要

 

③NISA口座は原則1人1口座

 

④非課税枠は年間40万円

 

⑤投資可能期間は20年

(2018年~2037年)

つまり、早めに始めた方がお得

Q.iDeCoとの違いは?

 

①いつでも解約が可能

※iDeCoは原則、60歳まで引き出せない

②投資対象は投資信託・ETFに限定

※iDeCoは、定期預金や保険商品もある

③年間投資可能額・運用期間が異なる

終わりに、、、

 

積立NISAもiDeCoもそうですが、

始めてみたいと言う方は、

早めに始めた方が良い制度です。

 

ただ、掛金に関して言うと、

iDeCoは最低投資額が5,000円。

若干、敷居が高いです。年間、60,000円ですからね。

一方で、積立NISAなら投資額は100円から可能。

例えば、半年くらい100円~1,000円くらいで投資する。

まぁ~、勉強のような感じで。

で、慣れてきたら投資額を増やしてみる。

又は、iDeCoも併用してみる。

 

今、日本は個人投資家に対して優遇する制度が増えています。

それは、年金不足の課題もそうですが、低金利政策による、

銀行預金でもお金が増えない状況もあるからです。

 

「金の使い道なんて、本人がよければそれでいい。」

P.S.

「金が無ければ、使い道すらない」


 

次回は、銀行の定期預金よりも安全性が高い金融商品を紹介します。

最後まで、お付き合いいただきありがとうございました。

明日から役立つお金の話を次回も提供していきます。

 

ちなみに、このブログでは一切、金融商品の安全性は保証しません。

また、投資は自己責任で検討・購入・運用・売却をお願いします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED