【社長日記】高校生はそんなに大人じゃない!

 こんにちは

 

司馬遼太郎の「竜馬が行く」の話は社内でも少しずつ、最近社長が影響を受けた本

という認識をしてもらっています。

 

そこで今日は「振り返ってみると、チャンスは転がっていた」というお話にします。

 

高校1年で電撃文庫のライトノベルから読書にはいった私は、本を読む、という行為そのものがカッコいいと思っていました。

「学ランは変形で、校則違反とかしちゃうけど、趣味は読書です。」と言いたかっただけです。

 

普段はラノベしか読まない(趣味読書だけど、挿絵ないと厳しい)のになぜか、父親が持っていた、司馬遼太郎著の「燃えよ剣」(新撰組のお話)を読破した私は

「高校生ながらに、有名な本を読破した俺、すげー!」という感じでした。

なにせ、司馬遼太郎だぜ?お前読んだこと・・・ないよな!

俺はあるぜ!みたいな感じです。

 

 

もちろん、燃えよ剣は文字通り「読破」が目的なので、読破まで時間もかかっていますし、楽しくありません

内容も覚えていないので、るろうに剣心とは違って、本場の燃えよ剣では「斎藤一」は牙突(必殺技)しないんだ、くらいです。

 

そしていよいよ、マズいポイントが近づいてきます。

なんせ「燃えよ剣を読破した」は「司馬遼太郎」を読んでいます。

むしろすごく自然に、司馬遼太郎好きだよ、に変換します。もちろん能動的にです。

 

それは高校時代、友人宅に遊びに行った時に起こりました。

これまでの流れから予定調和的に、リビングの本棚に「竜馬が行く」が置いてあります。

 

 

私「あ、竜馬が行く、司馬遼太郎じゃん、読むの?」

 

友人「あー、父親が好きなんだよね」

 

私「へー、面白いよね、司馬遼太郎の本」

 

 

ここで17歳の私は「竜馬が行く」と出会っておきながら、機会を逃しています。

 

 

もちろん、読破が目的の当時に読んで、理解できたかはわかりません。

学園アニメを見ていても思いますが、高校生男子はそんなに大人な思考回路もってねーから。と思います。

 

ただ、チャンスがあったけれど読まなかったのは事実です。

 

気付かないだけで、そんなチャンスをたくさん見逃している気がします。

かっこつけず、見栄を張らず、日頃からチャンスをつかめるように準備していたいです。

 

 

ということで、この記事を読んでいただいた、あなたも

「竜馬が行く」を読む、というより広くして「実のある読書」のチャンスかもしれないですね。

良かった本があれば教えてください。

社員(マザー牧場で自問自答している人)に薦めめてもらった「幸福論」まだ読んでいないけれど。

 

 

気温がぐんぐん下がり、冬の寒さになってきました。

体調管理、気を付けてください。

いつもありがとうございます。  

 

おしまい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役 鈴木宏尚

代表取締役

1988年1月7日生まれ 新潟県出身

9歳から1年間父親の仕事でアメリカへ、現地の小学校に放り込まれ英語を習得。

大学受験で2浪するも合格できないことが肌でわかり、逃げるように12月末、友人に誘われ岐阜県、下呂温泉で仲居さんへ。

たくさんの経営者に応援してもらい、お客様に良いものを広げたい、と独立を決意。
メンタルを鍛えるために営業会社に入社、最年少で営業部長へ昇格。
3カ月の海外放浪を経て26歳で独立。

30歳になった現在、会社は5期目に入り社員一丸となって挑戦を続けている。

こんな記事も書いています

RELATED