【大石日記】本音で話そう

こんにちは

人財育成顧問の大石みわこです。

 

より良い人間関係を築くためには(仕事関係でも、恋愛関係でも)、本音で話すことは必要ですよね。

それに、本音で話せた方が、自分自身も生きやすいと思います。

 

しかし、本音で話すって少し難しい部分があるようです。

ある人からの相談です・・・

「人と本音で話すって、どういうことでしょうか。

自分の本音が、ネガティブ(怒っているとか、悔しいとか、納得いかないとか)の場合、 そんな本音を言ってしまうと拒絶されそうな気がします。言っていい空気じゃない気がします。だからいつも、本音ではなく場の空気を読んだ発言をしてしまいます。」

という事でした。

 

皆さんにも同じような経験はありますか?そんな時に、上手く本音を伝えられていますか?

 

今回のブログでは、本音を話すコツを書いてみたいと思います。

 

例えば、相談にあった「怒っている」とか「悔しい」とか「納得いかない」というのは『感情』ですね。

 

この感情を、素直に話すこと=本音で話すではない、というのがポイントです。

(怒ってる時に、「私は、怒ってるぞー」っていうのは、本音で話しているのではないという事です。)

 

感情は、自分が感じたことを表現するための手段であって、本音そのものではありません。

 

では本音とは何か?というと、『感情が沸き起こった元となる考え方』のことです。

 

怒った時には、「なぜ、腹が立ったのか?」を考えてみましょう。そこには、自分自身の考え方や価値観があります。

本当は○○してくれると期待していたから、とか

相手を信頼していたから、とか

社会人なら〇〇じゃないといけない、とか

人として〇〇してはいけない、とか

↑この部分を話せば、より本音に近い会話をすることが出来ますし、やはり誤解も少なくなります。

ただし、お互いの考え方や価値観をぶつけ合うのが目的ではなく、知ることが目的!です。

知ることで、良い人間関係を築いてくための道筋を探る助けになるでしょう。

(自分の考え方や価値観は大切です。でも、同様に相手の考え方や価値観も尊重しましょう。どうしても相容れないのなら、無理して人間関係を築く必要はないとは思いますが。)

人それぞれで、みんな違う。でも、だから面白い。

私はそう思います。

 

では、また次回。

人財育成顧問

大石みわこ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED